口腔内速崩壊錠用基材として無水リン酸水素カルシウムの有用性をご紹介致します。
今回出展の見どころ
協和化学工業は創業以来無機化合物のトップメーカーとして、お客様にご愛願いただいております。
この度、口腔内速崩壊錠用基材としての無水リン酸水素カルシウムの有用性と合成ケイ酸アルミニウム等を用いてキャッピングやスティッキングなど打錠障害改善のご提案をさせて頂きます。皆様のお越しをお待ちしております。
国名: 日本
部署: 医薬品部医薬品一課
TEL: 087-891-2533
※上記情報は来場ユーザーから出展社への事前アポイント申請用に公開しています。
それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載する事を固く禁じます。
出展製品情報
 
無水リン酸水素カルシウム<GSH>
良好な流動性を有し、直接打錠可能な無水リン酸水素カルシウム<GSH>は優れた成形性と速やかな崩壊性を示すことから口腔内速崩壊錠用基材として応用可能です。また、モデル薬物を用いた処方系においても同様に口腔内速崩壊錠用基材として十分な成形性及び速やかな崩壊性を有する錠剤を得る事が可能です。
 
無水リン酸水素カルシウム<GS>
無水リン酸水素カルシウム<GS>は、pHが中性で製剤における主薬との相互作用が殆どなく、直接打錠が可能である。低打錠圧で錠厚が薄く崩壊の速い錠剤得る事が可能です。
 
合成ケイ酸アルミニウム
胃粘膜保護剤、制酸剤、吸着剤として用いられる他に、特有の物理的性質が利用され流動性改善、防湿、打錠性改善等の製剤の用途に多用されております。
アルカマック®(合成ヒドロタルサイト)
制酸剤としては、即効性で制酸力が高く胃粘膜保護作用をもっており、抗ペプシン作用に優れております。また、圧縮成形性にも優れ賦形剤としても広く使用されております。
酸化マグネシウム
制酸剤、緩下剤として用いられる他に製剤の安定化剤や吸湿剤としても使用されます。安定化剤として用いた際、錠剤保存時の硬度低下に対する抑制効果も認められております。